未成年でも買取してもらえるの?

未成年でも買取してもらえるの?

未成年、18歳未満の人が、ジャニヤードなどの買取サービスを利用する場合、保護者の同意書や身分証明書などが必要です。
ネットオークションなどは、18歳未満の人は取引できませんが、ジャニヤードなら、保護者の方に署名と印鑑をもらえれば可能です。

 

ただ、一般にジャニーズやアイドルのファンの方は10代や20代始めの人が多いので、この世代の人が、沢山のジャニーズグッズを持っている、しかも人気に敏感なので、売れ線のもの知っています。

 

だからこそ、ジャニヤードでは、こうした未成年の方との取引も大切にしています。
同意書といっても、そう作成に手間がかかるものではなく、内容を確認して、名前を記入して印鑑を押すくらいのものですから、そう身構えることもありません。買取をしてもらった場合には、あなたの口座に査定、買取額を振り込んでもらっても、もしくは親の口座のほうに振り込んでもらってもどちらでもいいでしょう。

 

もし早くグッズを手放して換金したいのなら、手間やお金がかかり、いつ落札されるかわからないオークションよりも、ジャスティーのような専門買取業者がおすすめです。
お互いにスマートな取引をするために、必要な書類を揃え、出来る限り高値買取を狙いましょう。

 

コピー商品や自分で制作したものは買取の対象にならないし、もちろん雑誌も古いものや需要がすくないものは、数十円から数百円レベルの評価になりますが、お部屋を片付けたり、ジャニヲタを卒業したいという人には、部屋を整理できて、お金も貰えるので、一石二鳥です。

 

お金のやり取りが絡むことなので、もし兄弟や親、そして同居している人が大切にしているグッズなどを勝手に査定したり、もしくは勝手に売りに出すことは絶対にやめましょう。
学生がお小遣い稼ぎに家族の同意も得ないで、勝手に家財、高額商品を換金するようなことも、ないとは限りません。

 

でも保護者に同意書を記入してもらう事によって、親や保護者が子供の行動を把握し、家庭内でのいきちがいやトラブルを事前に防ぐことができるのではないでしょうか。
これは法律上の取り決めなので、年齢を偽って買取査定などは、絶対にしないでください。