ジャニーズグッズの個人買取と買取ショップの対応比較

イメージ

ジャニーズグッズの買取といえばまず思い浮かぶのは買取ショップへの持ち込みですが、近代ではネットを通じて、または友人間での取引があります。

 

ジャニーズグッズ専門の買取ショップと個人でのグッズ取引を比較してみると、両方に良い点と悪い点が存在しています。

 

ジャニーズグッズ専門の買取ショップ

まず買取ショップの良い点は、トラブルが少ないことです。
グッズを売る本人が買取ショップに持ち込むので確実に売却でき、グッズを売却したお金も直接手に入れることができるのでトラブルはありません。

 

しかし、グッズを持ち込む本人が想像しているような値段で買い取ってもらうことができない場合があります。
これがショップで買い取ってもらう際の悪い点です。

 

本人自身がすごくレアなものであると思っていても値段をつけるのは買い取るお店側なので、もう少し高く売りたいと思っても持ち込む側が値段を操作することはできません。

 

個人でのグッズ取引

次に個人でのグッズ取引の良い点は、先に述べたショップでのものとは対照的に値段を買い取ってもらう側が操作できることです。手に入りにくいものは値段を上げる、比較的手に入りやすいものは安くするなど売り方を自由に決めることができます。

 

しかし、トラブルが多いのが難点です。

 

友人間での取引であっても、必ずしもトラブルがないとは言い切れません。グッズ取引のために友人関係が壊れてしまうといったケースも否めません。
そしてさらに問題であるのは、ネット上での取引です。ネットでは顔も声も知らない相手と取引をします。下手をすると裁判に持ち込まれるケースもあります。

 

 

 

色々なグッズが存在している中で特にジャニーズグッズは、買い取ってほしい人、買い取りたい人、両方が同じくらい多く存在します。

 

個人間の売買で欲しいグッズを見つけて買い取りをすることになったときには、売りに出している側の要望を聞いたり自分の要望を伝えるなど双方の考えをよく理解し合うことが必要になるので、その点を考えるとショップへの持ち込みの方が考える必要がないので気が楽です。